経営改善コンサルティング

「会社を成長させたい、利益を増やしたい」想いをもつ社長を徹底応援する「TOKYO経理サポート」にお任せあれ!
先の見える経営への方向転換で、社長を徹底サポート/会社の発展は、経理データの本格活用から!お問合せはこちら
社長!経営のこんなお悩み、ありませんか? / 経理から業績データが上がってこない! / 売上データが出ても、経営改善に活かせない / コストの見直しで、短期間に業績改善したい! / どうすれば経営改善できるか、わからない!        

経営改善の4つのメリット多忙な社長が、
経理代行から得られる4つのメリット

経理データは「会社の体調を表す」基礎資料です。意外かもしれませんが、会社の健康状態の良し悪しも、データの活用次第で変わります。といっても、社長がデータ作りされる必要はありません。プロから判断材料の提供を受けて、意思決定をすることが大切なのです。これで気分は楽に、納得のいく経営が実現できることに。

収益拡大 毎月の販売データなどから、改善すべき項目を洗い出し、収益拡大へのアプローチを!/業績改善 経営データを上手に活用するだけで、社長も、社員も「先が見える経営」が実現!/コスト削減 過去に必要だったコストでも、今は不要なケースも。資金と人材の有効活用で、実質削減効果を!/資金繰り改善 資金繰り悪化の原因を洗い出し、対策を実行し、資金繰りに不安を感じぬ会社に改善を!
  • 販売データの活用で、
    「収益拡大」へのアプローチ!

    収益拡大に必要なデータがタイムリーに出てこない、出てきても活かし方がわからない、顧問税理士に尋ねても答えが得られない-などの機会損失や問題を、貴社にマッチした販売データなどの活用で売上や収益拡大へのアプローチを行い、解消に導きます。

    担当者別・商品別売上高や粗利益などの具体的なデータを活用できる。
  • データの活用で、
    「先の見える経営」を実現!

    丸ごとおまかせ経理(経理代行)でタイムリーに経営データが出てきたら、それを加工して資金繰りの先読みもでき、予算もわかりやすく組み立てられ、「なぜ成果が得られたか、何が原因で失敗したか、どうすればよいのか」など、“先が見える経営への脱皮”を導きます。

    前月の経理データの速やかな入手が、他社に先駆ける感度の高い経営の実現に!
  • 成長に伴い発生する
    無駄なコストの削減!

    過去には必要だったコストも、時の経過と共に会社の状況や外部環境との間にズレが生じて、往々にして不必要になってしまうものです。定期的にコスト(資金と人材)を見直して、ムダを取り除き、前向きに必要なところに浮いたコストを投じて、
    「コスト削減+将来の収益貢献」を図ります。

    営業などの経理や総務の人員を見直し、収益に貢献する直接部門に配置転換も可能
  • 資金繰り不安を
    感じなくてもよい会社に体質を改善!

    その場限りの改善策でなく、資金繰り悪化の原因を突き止めて出血を止め、余裕の持てる資金収支の実現に向けて抜本的な改善策を提案します。最終的には、倒産リスクにつながる債務(借入金や支払手形)を極限まで削減し、“資金が不足しない体質”に導きます。

    キャッシュフローの見える化で、資金調達・資金不足に先手を打てる。

コンサルティング業務の流れコンサルティング業務の流れ

導入事例導入事例

資金繰りの経営改善事例
(機械金属部品製造業:社員45名)
cose01
状況対応

投下資金の回収に時間がかかりがちで、
債権債務の資金不足のカバーで、支払手形や当座借越に頼っていた。
決済期日の資金や借入金の返済資金の確保で困っている。

過剰在庫減らしと支払手形の一掃を実現!

短納期対応下での過剰な在庫をやめ、必要な在庫を必要量確保する方針へ変更!
同時に、倒産させない体制への転換で、長期借入金で支払手形や返済のあてない当座借入金を一掃! 資金管理も容易になり、手形や在庫管理コストの削減まで実現!

コスト削減の成功事例
(食品製造業:社員50名)
cose01
状況対応

現在の生産体制だと、手待ち時間が出てしまう!
生産の平準化ができず、繁忙期も残業や外注費で利益が出ない。
社会保険料の会社負担分を含む労務費負担が重くなる一方で、頭が痛い。

人減らしせず、生産性&収益アップとコスト削減を実現!

生産ラインの人員配置などを見直し、手待ち時間を削減!
営業を交えた生産会議の実施で、受注情報の共有と生産計画の精度をUP!
手待ち時間をなくし、外注も必要最小限に。生産性の向上とコスト削減効果で、社員の処遇改善まで実現!

収益拡大アプローチの成功事例
(住宅設備販売施工業:社員80名)
cose01
状況対応

営業成績の良い社員と悪い社員が二極化!量的な受注優先に走り、利益を生まない構造に!
大手家電メーカー(A社)の特約店契約が足かせになり、利幅のある他社製品を拡販できない状況にあった。

採算ラインの公開と仕入コスト削減で、収益拡大を実現!

営業に採算ラインを公開し、不採算案件をカット!
成功事例のデータ化と、モバイル端末での閲覧環境を用意!
住宅メーカーに営業をかけ、販路拡大に成功!
まずA社以外の仕入先との価格交渉で値下げに成功!その結果をA社にぶつけて、仕入価格の引き下げに成功!

  • 丸ごと経理!詳しくはこちら
  • 若手社長応援パック!詳しくはこちら
  • 創業社長支援パック!詳しくはこちら

お問い合わせからご契約までの流れ

  • 01

    お問い合わせ
    まずは電話かメールで気軽にお問い合わせください。
  • 02

    無料相談
    状況を伺う、無料相談です。ご来訪、貴社訪問のいずれも対応可能です。
  • 03

    お見積り
    相談内容を踏まえて、「ご提案とお見積り」をご案内いたします。
  • 04

    ご契約
    「提案内容とお見積り」をご了解いただきますと、契約となります。
  • 05

    業務開始
    契約内容に沿って、業務をスタートいたします!

ご相談はお気軽にどうぞ!社長にとっては、どんな相談でも大問題です。最初のご相談は“無料”ですので、お気軽にお問い合わせください。

  • 0800-500-3939
  • 0800-500-3939
  • メールでのお問い合わせはこちら
受付時間平日 9:00~17:30

お問合せの際は、「ホームページを見て!」とお伝えいただけるとスムーズです。


pagetop