お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • インボイス制度の準備を始めよう!登録申請開始へ!(ニュース・リリース2021年9月号)

インボイス制度の準備を始めよう!登録申請開始へ!(ニュース・リリース2021年9月号)

 TOKYO経理サポート(英和グループ~英和コンサルティング/英和税理士法人~メンバー)は「ニュース・リリース2021年9月号」を発行しました!
 他では入手できないオリジナルの月刊誌ですので、参考になれば幸いです。

◆ メイン記事-インボイス制度の準備を始めよう!登録申請開始へ!

 2023年10月のインボイス制度スタートまで、あと2年となりました。
 また、10月1日からはインボイス(適格請求書)を発行できる事業者の登録申請の受付が開始されます! 課税事業者も免税事業者も影響を受ける大改正の中身を特集しました。
 ● インボイス導入の背景

  ・日本式消費税に終止符
  ・申告事務の適正化がねらい!
  ・免税事業者の益税は解消へ
  ・保存もれで負担が増える!?
 ● あと2年で準備すること!

  ・インボイスの発行準備
  ・登録番号申請はお早めに!
  ・インボイスの保存体制は?
  ・保存が不要なケースは限定的!
  ・内容に間違いを見つけても…
  ・書類データの保存体制の見直しを
 ● 免税事業者への影響

  ・取引先に免税事業者がいる場合
  ・ご自身が免税事業者の方!
  ・課税事業者になる場合の流れ

◆ 4面:社内の電子取引を棚卸ししよう!

 2022年1月1日から、電子取引データは印刷せず「電子的に保存」が義務づけられました。たとえば、メール添付で受け取った請求書も、”法律で決められた形式や条件”(ニュースリリース8月号参照)で「電子データとしての保存」が必要です。

 そこで今号では、電子取引チェックリストを掲載しました。電子データは意外なほど身近で、ほとんどの中小零細企業には存在するため、電子データとして保存しなければならないことを把握されるヒントとしてご活用ください。
 なお、チェックリストにはつぎのような項目などが掲載されています。
  ● 請求書(見積書、納品書など)
  ● クレジットカードなど各種カードの利用明細
  ● 通販取引での利用明細や購入通知メール
  ● 口座振替による各種経費の利用明細やe-Taxなどでの税金の納付
  ● 社員の経費精算:スマホアプリ決済の領収書データなど
  ● ネットバンキングの取引明細 等々

◆ 英和グループ特製【過去40年間の金利・為替・株価推移表】

 過去40年間の「金利(基準割引率、長プラ、短プラ)、為替(円vs米ドル)、日経平均株価の推移」掲載され、いまの立ち位置がどのような状況かがひと目でわかる優れものです。
 加えて、過去のビック・イベントのキーワードまで掲載されています。

 なお、ニュース・リリースは下記「2021年9月号TKSHP用.pdf」をクリックのうえ、ご覧ください。

一覧ページへ戻る

CONTACT

お問い合わせ&資料請求

初めてのご相談は無料です。
お困りでも・困っていなくとも、気軽にお問い合わせを!
お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは
こちらから
24時間受付中
お問い合わせは
こちらから
お電話でのお問い合わせ
無料でお電話いただけます。
0800-500-3939
受付時間平日9:00〜17:30

お問い合わせの際は、ホームページをご覧になったことをお伝えいただけるとスムーズです

無料リモート相談予約