お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 2021年版中小企業白書、コロナを乗り越えるために!(ニュース・リリース2021年6月号)

2021年版中小企業白書、コロナを乗り越えるために!(ニュース・リリース2021年6月号)

 TOKYO経理サポート(英和グループ~英和コンサルティング/英和税理士法人~メンバー)は「ニュース・リリース2021年6月号」を発行しました!
 他では入手できないオリジナルの月刊誌です。

◆ メイン記事-2021年版中小企業白書、コロナを乗り越えるために!

 今年度版の中小企業白書では、コロナ禍の影響や危機を乗り越えるための事業の見直し、デジタル化、事業承継などの取り組みを豊富な事例を交えて調査・分析しています。政府もデジタル化への舵を切り、官公庁の書類への押印廃止を始め、紙ベースからの速やかな脱出に進んでいます。
 ● 今年の中小企業白書

  ・コロナ禍2年目の白書!
  ・「コロナ危機対応」に焦点!
  ・コロナ禍の中小企業への影響
  ・倒産件数はなぜ低水準?
  ・コロナ融資や各種給付金の支え!
  ・返済開始「1年以内」が過半数?
 ● 財務戦略で乗り切る!

  ・中小企業の財務状況は?
  ・自己資本比率は徐々に上昇!
  ・売上の急激な変動に弱い?
  ・損益分岐点比率を知ることで!
  ・財務指標、計算してますか?
  ・計算している企業の方が良好!
  ・未曾有の事態を財務力で乗り切る
  ・財務の専門家をブレーンに!
 ● コロナ禍での企業動向

  ・柔軟対応の企業ほど回復早い
  ・ピンチをチャンスに変えて!
  ・デジタル化の優先度が高まる!
  ・経営者の高齢化とコロナ廃業!

◆ 4面:テレワーク導入を取り巻く事情

 コロナ禍をきっかけに、出社せずにパソコンや会議用ツールなどの利用で自宅で勤務するなどのテレワークが急速に普及し始めました。皆さまの会社ではテレワークを始められていますか。
 今号では、よく耳にするテレワークの状況や問題点などをご紹介しています。
  ● リモートワークとテレワークの違いとは
  ● テレワーク実施率は下落傾向
  ● 生産性は向上、とはいえ課題も…
  ● テレワークをやめたワケ
  ● 意外!?テレワークで長時間労働が急増
  ● 在宅勤務手当は課税?非課税?
  ● テレワーク導入の支援制度


 ◆英和グループ特製【過去40年間の金利・為替・株価推移表】

  過去40年間の「金利(基準割引率、長プラ、短プラ)、為替(円vs米ドル)、日経平均株価の推移」掲載され、いまの立ち位置がどのような状況かがひと目でわかる優れものです。
 加えて、過去のビック・イベントのキーワードまで掲載されています。

 なお、ニュース・リリースは下記をクリックのうえ、ご覧ください。

一覧ページへ戻る

CONTACT

お問い合わせ&資料請求

初めてのご相談は無料です。
お困りでも・困っていなくとも、気軽にお問い合わせを!
お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは
こちらから
24時間受付中
お問い合わせは
こちらから
お電話でのお問い合わせ
無料でお電話いただけます。
0800-500-3939
受付時間平日9:00〜17:30

お問い合わせの際は、ホームページをご覧になったことをお伝えいただけるとスムーズです

無料リモート相談予約