よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

経理代行のよくあるご質問

経理スタッフが辞めてしまい、引き継ぎが難しいと思うが?

ご心配はいりません。そんなときでも、TOKYO経理サポートなら対応させていただきます。

もちろん、前担当者から説明をいただければスムーズな業務引継ぎが期待できますが、急な退職や不本意な退職などでは経理業務をご存じの方がお出でにならないケースもままあるものです。

そんなときでも、当社プロスタッフが貴社の過去データから経理業務内容を調査のうえ、適切な経理代行の方法を構築して、提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

引継ぎ期間が短いのですが、大丈夫ですか?

業務に優先順位を付けて対応いたしますので、ご安心ください。

引継ぎ期間は長いに越したことはありませんが、余裕がなくとも業務に対応いたします。

優先させるべき業務、たとえば遅れが許されない給与計算や仕入先などへの支払いなど経営にかかわる業務を先に対応し、その上で毎月行うべきスケジュールに基づき他の経理代行業務をカバーしていきますので、ご安心いただけます。

税金・経営面の相談に乗ってもらえますか?

はい、もちろんご相談を承ります。

運営母体が税理士法人であり、税理士及びグループのコンサルティング会社のサービスもご活用いただけます。

お客様の状況やご要望に合ったオーダーメイドのサービスをご依頼いただけます。お気軽にご相談ください。

税務調査に立ち会ってもらえますか?

はい、責任をもって税務調査に立ち会います。

TOKYO経理サポートで経理代行業務をご依頼いただき、”税務顧問サービス”もご依頼のお客様の税務調査には、母体の税理士法人の経験豊富な税理士が立ち会いますので、安心いただけます。

なお、TOKYO経理サポートで経理代行サービスをご利用中のお客様であれば、税務調査への立ち会いのご依頼をいただければ(顧問税理士に代わって)調査対応もいたしますので、お気軽にご相談ください。

顧問税理士がいる。経理代行だけお願いしたいが問題ないか。

はい。もちろん承ります。

TOKYO経理サポートには、「顧問税理士がいるが、経理業務を代行してくれないので社長や親族が経理業務をしている・・・」といったお問い合わせがあります。当社のホンネは、会社の発展のためには社長やご親族には本業に注力されるべきと考えています。

そうしたお客様にも、TOKYO経理サポートが経理業務を全面的に代行させていただきます。

その一方で、現在の顧問税理士に満足されていない、不満をお持ちのお客様もお出でです。そういったお客様には、当社は経理代行業務を通じて消費税チェックも終えた月次決算書一式をお届けし、決算期には法人税などの申告もまとめてご依頼いただける”税務顧問サービス”のご案内しています。
経理代行から月次決算、年次決算・申告までを一気通貫で、高品質なレベルでお届けしますので、便利で安心です。

当社代行料と提供サービス内容なども、比較検討いただけます。
顧問税理士の変更も承っていますので、遠慮なくご相談ください。
なお、もちろん秘密厳守ですので、ご安心いただけます!

経理業務がよくわからないからこそ、経理スタッフが必要では?

経理業務をスタッフ任せでは、結局、経営リスクになりかねません!

「経理業務がわからない、最低限、何をしておけばいいか?」といわれる社長はあなただけではありません。大半の社長は経理業務には疎いのです。経理業務は多岐にわたって煩雑なことから、的確にこなすには相当の経験や能力が必要ですが、社長がやるべき業務は”煩雑な業務を知ること”ではなく、「資金繰りや業績をタイムリーに把握して、経営判断に活かす」ことなのです。

TOKYO経理サポートでは煩雑な社内での経理業務を代行しています。社歴の長い会社も、若手社長や会社の成長スピードを上げたいとお考えの社長も、発展のサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

当社のSmartおまかせ経理のご利用で、つぎのようなメリットを得ていただけます。
● 経理代行費用
 経理スタッフの維持コストとの比較では、極めてリーズナブルな負担に!
● 本業の業務効率アップ

 経理スタッフが不要な分、営業サポートにも人手を割け、営業マンが得意先との面談時間を増やして営業成績の向上を導けます。今いる経理社員はより上の経営戦略に役立つ管理会計資料の作成・提案や、収益部門をサポートしていただくことで、同様の効果が得られます。
● 会社の収益力アップ

 社長が経理事務にかかわる時間を限りなくカットして、本業に専念する時間がさければ、会社の収益は確実にアップします!

当社Smart経理サービスの全体像は、つぎをクリックするとご覧いただけます。https://www.anshin-keiri.jp/se...

経理データは本当に経営に活かせるのでしょうか。

もちろん、経営に活かせます。活かし方は、社長のご要望に応じてご提案いたします。

Smart記帳代行では、年間スケジュールを元に、毎月定期的・スピーディに月次決算書などを納品するため、経営状況をタイムリーに確認できます。Smart支払代行やSmart給与代行もご利用なら、より経営状況を把握していただきやすくなります。
また、銀行からの借入の際も、最新の月次決算書を提出でき、信頼も得られます。

もっと踏み込むと、経理データの活用で「資金繰り予測表」を作成して”資金の見える化”の実現や、英和グループの「経営改善コンサルティング」により収益改善などのサポートも活用いただけます。

気になる社長には、電話での相談をお勧めします。お気軽にどうぞ!

代行料はどのくらいかかりますか?

代行料は、ご依頼いただく代行業務の内容・ボリュームなどによって異なります。

TOKYO経理サポートでは、事前に必ず、社長など意思決定権者の方にお話をお聴きし、資料を拝見し、ご要望の代行業務の内容を把握したうえで、お見積もりをご提示しています。
その上で、当社への委託の決定をしていただければよいので、安心です。

また、各Smartサービスページに参考となる代行料をご案内していますので、ご覧ください。
● Smart記帳代行 
https://www.anshin-keiri.jp/work/kicyo/ 
● Smart給与代行 https://www.anshin-keiri.jp/wo...
● Smart支払代行 https://www.anshin-keiri.jp/wo... 

なお、実際には上述のように業務内容をヒアリングのうえ、お客様に最適な経理代行サービスをご提案し、お見積りもご提示いたします。

会社の機密データが漏れたりしませんか?

お客様のデータ管理は万全の態勢で臨んでいます。

お客様の大切な情報をお預かりしていますので、守秘義務やデータ管理は当然の義務との認識です。お客様からお預かりしている書類やデータは、厳格な管理の下で扱い、業務を外部の第三者に任せることは一切ありません。また、当社のオフィス外にお客様のデータを持ち出すこともいたしません。

個人情報保護法のもと法令遵守を徹底し、お客様に安心してお任せいただけるよう、万全のセキュリティ対応で徹底した管理を行います。

どんな業務をお願いできるのですか?

悩まれるより、まずはご相談ください。

基本的なサービスの内容はSmartおまかせ経理のサービス案内をご覧ください。

TOKYO経理サポートでは、記帳代行ばかりでなく、請求書発行や振込み代行などの事務負担をカットする業務、売掛金や買掛金の管理代行・資金繰り予想表作成代行などの資金管理を強化する業務、もちろん遅れてならない給与・賞与計算や年末調整代行などの給与支給にかかわる業務全般を代行しています。
自社の経理部門が、セキュリティも安心なTOKYO経理サポート内に置かれているとお考え下さい。

母体が税理士法人ですので、経営改善、コスト削減、決算節税対策、さらに会社の事業承継・相続対策まで担当部署がフォローできますので、さらにご安心いただけます。

どんな経理業務にも対応してもらえるのでしょうか。

はい。業種・業態・規模に関わらずどのような内容でも対応可能ですので、ご相談ください。

TOKYO経理サポートでは様々な業種の経験のある税理士やコンサルタントが在籍し、様々な業種・業態のノウハウを蓄積しています。

そのため、業務内容を拝聴し、資料を拝見したうえで、ご要望に沿えるようご提案いたします。

経理代行を依頼するだけで、本当に収益は上がりますか?

はい。経理業務関連で負担されていたコストを収益事業に振り向けていただければ、増収などをみちびけます。

実際には、TOKYO経理サポートのSmart経理代行のご利用で、つぎのようなメリットを得ていただけます。
★ コスト削減メリット
 当社に経理の代行をご依頼いただくと、経理という間接業務に費やしたコスト・時間(人件費など)を削減できる、“コスト削減メリット”を得ていただけます。
★ 収益向上メリット
 経理担当者を「収益源の営業サポート」など収益を生み出す業務に就いていただくことで、営業社員が受注書類作成業務などの事務作業から解放され、少なくとも1日あたり1時間、月に20時間、年間で240時間以上、実際にはざっと年に2ヵ月程度の時間を生み出せます。こうして浮かせた時間を得意先回りの充実や新規開拓に充てることで、”収益向上メリット”は目の前に!
★ 社長の5%収益貢献増!
 多忙な社長は経理など間接業務には最終的な意思決定の場面だけに関わればよく、間接業務に煩わされていた時間を“攻めの新規営業”や“得意先の深耕開拓”などの本業に充てていただくと、直接的な(社長による)収益貢献メリットを得ていただけます。

給与計算、年末調整のよくあるご質問

年末調整からお願いできますか?

はい、承っています。

TOKYO経理サポートのSmart年調代行では、会社から従業員の皆様にご案内いただく”年末調整に必要な書類のご案内”も作成してご提供いたします。

ご担当者は、書類と記入案内を従業員の皆様に配布いただき、期日までに回収いただくだけ!
あとの業務は当社がすべて対応いたします。

また年末調整の結果は、12月の最後の給与計算で反映します。 

なお、面倒で手間がかかる翌年1月末までに提出が必要な総括表や給与支払報告書(市区町村宛)、法定調書合計表(税務署宛)の作成から電子申告まで承りますので、社内では面倒な作業は不要になります。

お気軽にご相談ください。

給与計算を依頼する際、事業所数や人数に制限はありますか?

ご安心ください。事業所数や従業員の人数には制限ありません。

TOKYO経理サポートの導入システムは、従業員数人の起業まもない会社様から数百人以上の中堅・大手の会社様まで対応できるものですので、お気軽にご相談ください。

また、支社、支店、営業所、工場、店舗等を複数お持ちのお客様も、毎月の給与・賞与計算代行や年末調整代行までご依頼いただき、業務処理対応しています。

正社員とアルバイトとでは締切日と支給日が異なりますが、対応できますか?

もちろん、対応いたします。

正社員とアルバイト(やパート)については、会社の定めたそれぞれ給料の締め日を設定のうえ支給日を登録して対応いたしますので、問題ありません。

なお、支給日が異なる場合には、別途オプション料金が必要となります。

給与のどのようなデータをどのように渡せばよいですか?

毎月、つぎのような資料をお送りいただきます。

★ 勤怠データ
 
社員ごとの残業時間(深夜・早朝含む)、欠勤・早退時間、休日出勤時間などのデータ(勤怠システムをご利用の場合には、弊社にてダウンロード可能です。)
★支給・控除の変更データ
 支給金額(基本給、職務手当、通勤手当など各種手当)や 控除金額(給料から天引きする親睦会費・生命保険料、経費精算額など)の変更データについては、変更分のみを当社提供のエクセル・ファイルに入力のうえ、お送りいただきます。
★入退社の社員情報
 入社や退社があった場合、社員名、住所、基本給、諸手当などの基本情報を、当社指定のエクセルファイルに入力のうえ、お送りいただきます。

年の途中からでも給与計算を依頼できますか?

心配ありません。年の途中からでも、問題なくご依頼いただけます。

年初から途中までの計算結果の引き継ぎも、合わせてお気軽にご相談ください。

いつまでに勤怠データを送ればいいですか?

TOKYO経理サポートでは、事前のヒアリングに基づき、データの送信期日を「年間スケジュール」にまとめて、お客様にあらかじめご案内しています。

【例】● 勤怠データの締め日:月末、● 給与支給日:25日
 勤怠データや入退社情報は翌月初5営業日までに送信いただいています。

 通常、Smart給与代行では、データお預かり後3営業日で給与計算結果をご報告しており、さらに給与振込データ、翌月の源泉税や特別徴収住民税の納税データの登録も代行しています。

 お客様はネットバンキングで「送金承認するだけ!」で、毎月の給与計算が完了します。

給与計算ではどんなことをお願いできますか?

Smart給与代行では、給与計算や賞与計算だけでなく、給与振込や納税データ登録まで代行いたします。

給与計算の関連業務までまとめてお引き受けしており、送金や納付手続きで銀行に出向くなどの社内でのめんどうが解消します!
● 給与計算代行(賞与計算代行)
 勤怠データ、入退社情報、経費精算データなどをお預かり後、通常3営業日で給与計算結果(成果物)を納品しています。
 ペーパーレス化実現のため、個人別の給与明細書はスマホやPCでご覧いただける”Web明細”を提供しています。また、Web明細は英文にも対応いたします。
● 給与振込代行
 給与計算結果をもとに、社員別に指定口座への振込データを登録します。お客様は期限までに承認作業を行うだけ!
●特別徴収住民税の納税データ登録代行
 めんどうな給与から天引きする特別徴収住民税の納付データを、ネットバンキングで登録代行します。
●源泉所得税の納税データ登録代行
 源泉所得税の納税データをe-Taxで登録代行します。

上記の他、賞与支払届、住民税の異動届などの作成も代行しています。お気軽にご相談ください。

支払代行のよくあるご質問

銀行振込みによる支払いはやってくれるのでしょうか?

はい、”振込み・支払い代行”も対応していますので、支払い洩れや遅れの心配もありません。

ネットバンキング契約を前提に、支払予定に応じて仕入れ代金や外注費・運賃などの未払金の支払も、給与振込はもちろん、給与の源泉所得税などの電子納税データ登録も代行しています。
ただ登録データの承認だけはお願いします。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご要望に応じて、取引先ごとの送金予定表や、消込後の取引先ごとの買掛金未払金管理表もご提供しています(オプション)。

資金繰り管理用資料も作ってもらえますか?

はい、作成いたします。

足りなければ会社が危機に陥りかねない資金管理は、身体の血液同様、事業運営上、欠かせません。

TOKYO経理サポートでは、”売掛金管理代行”や”買掛金管理代行”を通じて得たデータに、毎月発生する人件費、家賃などの経常的な支出を加えて、翌月(以降)の入金や支払予定を織り込んだ「将来の資金繰り予想表」を作成のうえ、お届けできます。

これで、社長が経営に活かせる「資金繰りの見える化」も実現できます。

資金繰り予想表はどうやって作成するのですか?

売上データをもとにした入金予定と、仕入れや経費データをもとにした支払い予定を組み合わせ、翌月以降の会社の資金繰り表にまとめます。

お客様には、請求データと毎月届く請求書や臨時の支払いについて、スケジュールに合わせてご案内いただくだけで結構です。

事前のヒアリングに基づき、お客様ごとの締め日や支払いのタイミングに合わせてまとめますので、資金繰りの心配から解放され、本業に専念いただけます。

どうすれば資金繰りがわかるようになりますか

先行きの資金繰りを把握するポイントは、つぎの情報がタイムリーに得られる仕組みを作り上げることです。

★ 入金(売上)の予測資料
 毎月の売上情報と得意先別の売掛金(受取手形含む)の回収サイトが確認できれば、翌月や翌々月の入金予測が可能になります。
 社内でも作成できますが、TOKYO経理サポートで「請求書発行代行」と「売掛金(入金)管理代行」をご依頼いただくと、この予測情報が得られます。
★ 仕入や外注費、運送費などの買掛金・未払金の予測資料
 毎月発生する商品や原材料などの仕入代金、外注先への支払い、運送費など請求への対応は、毎月受け取る請求書を元に支払い予定資料を作成(発生ベース)するため、翌月などの支払の見通しが立ちます。
 こちらも入金同様、社内での作成も可能ですが、当社で「振込・支払代行」と「買掛金管理代行」をご依頼いただくと、こうした予測資料が得られます。
★ 毎月発生する給料手当、旅費交通費、賃借料などの経常的支出
 上記以外にも毎月コンスタントに発生する経常的費用(多くは、販売経費や管理諸費用)があり、加えて臨時に賞与・年払いの保険料・車検費用なども発生しますが、これらはおおむね事前に予測できる費用です。

 こうした入金や支出関連情報をもとに、資金繰り予想表(少なくとも、翌月か翌々月まで)を作成できますので、社長はその予想表に基づき、また、将来の設備投資などの臨時の支出を考慮して資金繰りを見える化して、経営の安定につなげられます。

 TOKYO経理サポートの「資金繰り予想表作成代行」をご利用されますと、事業計画や資金計画まで作らなくとも短期的ではあるものの資金の見える化により、社長は安心して経営を担っていただくことができます。

記帳代行のよくあるご質問

領収書などのファイリングはなぜ必要ですか?

領収書や請求書などの原始証憑(取引先の会社が発行した支払いなどの証拠資料)は、会計処理や帳簿作成の根拠書類として、「(会社法と税法で)会社で一定期間の保存する義務」があります。

急ぎでなく、めんどうな領収書、請求書などの整理・ファイリングは後回しにしがちです。それでは、突然やってくる税務調査には対応できません。

これら外部証拠としての領収書、請求書などのファイリングは、税務調査の際には「適切な経理・税務処理を行っている事実」を伝える資料ですので、毎月タイムリーに済ませておくべき必要不可欠な業務なのです。

税務調査などの際にもすぐに提示できるよう、こうした資料は”種類別、日付順、月ごと”などで分類・整理し、ファイリングが欠かせません。

「封筒にまとめて入れておけばよい」「日付順に保存しておけば十分」などでは、後日の税務調査では指摘資料を探し出すのに長時間かかってしまいがちで、タイムリーに資料を提示しての合理的な説明ができないまま、取引について損金算入(経費扱い)などが認められずに、法人税などを追徴されかねません。

TOKYO経理サポートでは、お客様に代わって煩雑でめんどうな領収書などのファイリングも代行しています。

伝票を書く必要がありますか?

必要ありません!

いままで、領収書や請求書などを元に入出金伝票や振替伝票を作成されていた会社も多かったのですが、TOKYO経理サポートのSmart記帳代行なら社内での伝票作成は一切不要です。

といっても、領収書や請求書などにそれぞれの担当者(支払者)が直接、使途や目的などや交際費なら接待先などを記入していただく必要はあります。

請求書や領収書などの書類はどうやって渡すのでしょうか?

請求書や領収書の綴りや通帳コピーなどの必要資料は、TOKYO経理サポート提供のクリアファイルなどに入れておき、毎月、年間スケジュールで定めた日程で当社宛に送付するだけで結構です。メール便や宅配便などのご利用が多いです。

また、通帳データなどはpdf化して、メール添付のうえ送信いただくことも問題ありません。

お預かりした書類のうち原本は、原則として、代行業務の処理終了後に月次財務諸表などの書類と一緒に返送いたします。

事業年度の途中からでも、記帳代行を依頼できますか?

もちろん、ご依頼いただけますので、ご安心ください。

会社(ないし顧問税理士)が会計処理を終えられた月の翌月分から記帳代行業務を行います。

過去数ヵ月分の記帳処理が溜まっているケースでのご依頼もありますが、TOKYO経理サポートでは処理済みの会計処理データや直前期のデータなどを確認のうえ、速やかに適切に対処しています。

記帳代行ではどこまでの範囲の業務をやってもらえるのですか?

合意済みの年間業務カレンダーに沿って、毎月タイムリーに一定期日に、成果物(B/S、P/L、総合推移B/SとP/L、変動P/L、BEP図表)をご提供しています。

TOKYO経理サポートでは、あらかじめ、年間のSmart経理代行業務カレンダーと記帳に必要な資料リストを用意のうえ、ご提供します。

お客様は、カレンダーに沿って期日までに「請求書」「領収書」「通帳コピー」など、記帳業務の元となる資料を当社宛に送付いただきます。

当社ではお預かり資料の確認後に、仕訳の入力処理と消費税の処理を行い、上位者による処理内容の妥当性の検証(=ダブルチェック)します。

その後に、カレンダーに定められた期日までに、成果物としての●貸借対照表(B/S)、●損益計算書(P/L)~製造業の場合、製造原価報告書含む~、●総合推移B/S、●総合推移P/L、●変動P/L、●BEP(損益分岐点)図表を、PDFでメールに添付のうえ、納品します。
 ★ 基本サービス:資料お預かり後10営業日に納品
★ 特急サービス:  同    5営業日で納品(お勧めで、標準)
★ 超特急サービス:ご要望に応じて期日前倒し対応もお受けしています。

◆ オプションサービス
・部門別やプロジェクト管理:
 数値管理目的に応じた、部門別、プロジェクト別、本支店別の記帳代行にも対応しています。
・償却資産の管理:
 減価償却資産の管理代行もお受けしています。償却資産の取得や除却などの資料を提供いただき、これを月次ベースで専用システムに登録し、償却資産と減価償却費を管理代行します。
・月次コンサルティング:
 月次決算の数値を経営に活かしていただくための、毎月のコンサルティングサービスです。月次財務諸表の読み方はもちろんのこと、経営に活かすノウハウなどのコンサルティングも含まれます。

請求代行/消込代行のよくあるご質問

売掛金の消込みはどのようにやってもらえるのですか?

ご依頼いただく管理方法で消込みを代行します。

具体的には、つぎのような方法があげられます。
● 利用中の販売管理システムにアクセスする方法
 現在、お使いの販売管理システムにリモートなどでアクセスし、売掛金の入金情報をもとに、消込処理します。
● 指定ファイルなどに入金状況を登録代行する方法
 得意先ごとの売掛金データ(一覧表)をお預かりし、それに入金情報をもとに消込みをします。
● 会計ソフト上に入金状況を登録代行する方法
 記帳代行業務も依頼いただき、取引先ごとに売掛金を登録し、入金時に銀行口座への入金情報をもとに売掛金の消込みを行います。



請求書の発行はどのようにやってもらえるのですか?

お客様の請求書の発行方法に合わせて対応しています。

TOKYO経理サポートでは、請求書の印刷、封入、発送手配、ご報告までの一連の請求事務を代行します。

お客様が期日までに請求金額や内容を確定して、●請求データ(ExcelファイルやエクセルやPDFなど)を添付ファイルで送信いただくか、●ご利用の販売管理システムへアクセスさせていただき、代行します。

指定の用紙や書式に請求書を印刷のうえ、期日までに発送します。封筒はお客様からお預かりしたもの(ロゴ入り)を利用し、発送実費は当社が立て替えて、後日精算いたします。

CONTACT

お問い合わせ&資料請求

初めてのご相談は無料です。
お困りでも・困っていなくとも、気軽にお問い合わせを!
お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは
こちらから
24時間受付中
お問い合わせは
こちらから
お電話でのお問い合わせ
無料でお電話いただけます。
0800-500-3939
受付時間平日9:00〜17:30

お問い合わせの際は、ホームページをご覧になったことをお伝えいただけるとスムーズです

無料リモート相談予約