0800-500-3939

TOKYO経理サポートメンバーブログ

2018年09月20日

経理が2週間後に退職する!どうすればいい?

こんにちは! 中小企業に特化した経理代行の「TOKYO経理サポート」です。

 

TOKYO経理サポートの経理のアウトソーシングでは、お客様に「3つのメリットと付加価値」をお届けしています。

★ メリット1 収益源でない経理部門の外注化!      ⇒経理のコスト削減効果

★ メリット2 浮いた社内人財の本業(収益部門)での活用! ⇒収益アップ効果

★ メリット3 社長を経理関連業務から解放!       ⇒本業に専念で、業績アップ効果

 

これらのメリットに加えて、経理などの業務フローをより効率よい形に見直して、会社の価値を高め、わかりやすい経理=経理の見える化を実現します。

退職の申し出があった、でも退職日まで時間がない?

「経理から急に退職の申し出があった」とのご相談は相変わらず多いものの、お話を伺うと「退職の申し出は退職日のひと月前」でひどい辞め方ではありませんでした。ところが、社長の方は後任の募集を検討しているだけで、どんどん退職日が近づいてあわてての駆け込み相談になるケースが目に付きます。

 

退職する経理社員は業務の引き継ぎをする気持ちがあっても、後任が決まらなければ退職日まで担当業務をこなすことを優先しがちで、後任者がわかるような業務マニュアル(手引き)などは期待薄が現実です。

 

でも最悪、 これだけ引き継いでおけば大丈夫!

あとは、「TOKYO経理サポート」なら”丸ごとおまかせ経理”で、社長のお悩みを解消できます。

● オカネの出入りに関するモノは確実に引き継ぎを!

経理業務の中で、特に重要なのは”資金管理”です。

★ 管理権限の回収

現金、通帳、印鑑類、金庫のカギなどの現物は、必ず回収してください。

★ 届いた請求書などの回収

仕入代金、外注費や諸経費を期日までに支払えるよう、届いた請求書はもれなく回収しましょう。

★ 売上請求書の発行の確認

売上代金の請求を経理が担当している場合は、請求書を発行して得意先に送ったかの確認が必要です!洩れていたり、未発行・未送付だったら大変です。

 

● 会計ソフト等のIDとパスワードの回収

ネットバンキング、会計ソフト、勤怠管理ソフトなど、経理社員が使っているソフトのログイン情報は必ず引き継いでおきましょう。ログイン情報さえあれば、ソフトの中のデータは確保できるためなのです。

中小企業で、経理はホントに必要?

人手不足が深刻化している昨今、経理を募集・採用して教育しても、退職リスクは残ります。中小企業に、本当に”経理部門”が必要不可欠なのでしょうか?

 

社長にとっては「経理は、社内処理が当たり前!」の固定観念があるのですが、中小企業の経理業務のほとんどは外出しに向いているのが、実状です。

 

つぎの社内で経理部門を持つケースと外出しするケースを比べて、社内に経理がホントに必要かをご判断ください。

● 社内に経理部門を持つケースで抱える問題

ネットや折り込み広告、人材紹介会社などを通じた人材募集も費用もバカになりません。運良く応募者がいても面談に手間がかかり、それでも思うような人材は採用できません。

 

その上、引継ぎができていなくても、銀行預金、小口現金、得意先や仕入先などについての教育研修も必要です。それでも嫌気がさせばすぐに退職につながりかねません。

まだあります。社内に経理専用パソコン、会計や給与計算ソフト、プリンター、サーバーでのデータの保存などの負担がかかり、経理の机・いすなどのほかにスペース分の家賃まで負担することに。

 

● TOKYO経理サポートの経理代行で得られるメリット

当社へのご依頼なら、パソコンなどの設備はもちろん、経理業務に必要なソフトはすべて当社持ち。会社の負担はありません。

 

具体例でご案内しましょう。つぎの代行業務では貴社でやるべきことはわずかで、ほとんどの経理業務は当社が担当します。手軽なうえ、月次決算書、給与支給一覧表、買掛金・未払い金管理一覧表などの業務の成果物もタイムリーにお届けします。

★ 記帳代行なら

請求書、領収書、預金通帳のコピーなどの会計処理の元になる資料を当社宛に送付するだけ。

ネットバンキングを利用していれば、預金通帳も必要ありません。

★ 給与計算代行なら

出勤日数、有休や欠勤日数、残業時間などの勤怠データと変動項目(手当や控除)を当社にメールするだけ。

給与明細も支給日にネット配信するため、会社は何もしなくてOK!

もちろん、パソコンばかりでなく、スマホや携帯への明細配信ができるため、紙ベースの給与明細も不要に。

★ 振込・支払代行なら

給与や賞与の社員別の振込みや毎月の仕入先や運賃などの未払い先への支払も、ネットバンキングの活用で当社がすべてのデータを登録するため、社長は承認するだけ。

経理の退職は業務のあり方を見直す良いチャンス!

お客様からの相談では経理業務のあり方についても聴かれることが多く、TOKYO経理サポートでは、できるだけ経理業務以外の周辺業務の状況もお尋ねしています。その結果、経理としてやるべきこと、自己満足で二重手間をかけている業務などを明確にして、業務フローを簡素化する提案もいたします。

もちろん、業務フローや業務が簡素化できれば、当社への代行料も割安になり、お得です。

 

貴社も経理の業務フローをすっきり簡潔に見直して、”経理の見える化”を実現しませんか?

ついでにこれまでのやり方へのこだわりより、時代環境を見据えたちょっとだけ先取り対応して”本業への集中と生産性の向上”を実現しましょう。

 

TOKYO経理サポートでは、今年もお困り・お悩み、ご相談にはつぎの3つの姿勢で取り組んでまいります。

★ すぐに会社をお訪ねする!   ★ じっくり社長のお話を聴く!   ★ 業務フロー改善のご提案をする!

 

ご相談は、

フリーコール:0800-500-3939(0800-ゴー!○(丸)ごと○(お)任せで、サンキュー!サンキュウ!)でお待ちしています。

 

ご相談はお気軽にどうぞ!社長にとっては、どんな相談でも大問題です。最初のご相談は“無料”ですので、お気軽にお問い合わせください。

  • 0800-500-3939
  • 0800-500-3939
  • メールでのお問い合わせはこちら
受付時間平日 9:00~17:30

お問合せの際は、「ホームページを見て!」とお伝えいただけるとスムーズです。


pagetop